【定員(残席)状況】高3生・・・1名 高2生・・・2名 高1生・・・1名 中3生・・・4名 中2生・・・4名 中1生・・・5名 小学生・・・9名 おとな・プログラミング・・・若干名

県立高校の合格倍率(第2次)が発表されました

県立高等学校の志望状況(第2次)が発表になりました。

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-seisaku/files/course_choice_2_r2_2.pdf

「倍率」とは「合格しやすさ」を表すものです。

例えば倍率1.37であれば、100人が合格して37人が不合格になるという意味になります。

ザックリ言うと1.00より大きければ合格しづらく、1.00より小さければ合格しやすいという目安の数字です。

この「合格しやすい」というのがポイントで、倍率が1.00を下回ったから全員合格するというわけではありません。

そこは注意してほしいところです。

今回発表された倍率も参考にしながら、中3生は冬休み明けに願書に押印します。

実力を発揮すればほぼ確実に合格できるであろう学校にするのか、少し背伸びしてでも行きたい学校にするのか。

そこは家族と学校との相談になりますが、最終的には本人の希望が一番です。

どのような結果になるにせよ、その責任を取るのは自分自身。
より後悔の少ないであろう選択をしてほしいと思っています。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる