【定員(残席)状況】高3生・・・1名 高2生・・・2名 高1生・・・1名 中3生・・・4名 中2生・・・4名 中1生・・・5名 小学生・・・9名 おとな・プログラミング・・・若干名

親でも学校の先生でもない「第3のおじさん」

最近「第3の居場所」「サードプレイス」という言葉をよく見たり聞いたりしませんか?

家でもない、学校・職場でもない、心地のよい場所を指す言葉です。

 

私は、人も同じだと思っています。

子どもにとって、親でも学校の先生でもない「第3の大人」の存在が必要なのではないでしょうか。

それは近所に住む人でもいいし、馴染みのお店の店員さんでもいいのですが、自分の気持ちをポロっと吐き出せる存在。

家や学校では出せない愚痴や悩みを聞いてもらえる存在。

たとえイライラやモヤモヤを上手に言葉にできなくても、ダメ出しせずにただ受け入れてくれるだけでいい。

そういう大人がいれば、きっと子どもはもっと生きやすくなるだろうなと思うのです。

 

だから私は「第3のおじさん」になりたい。

「先生」ではなく「青山さん」「あおじゅん」でありたい。

 

テストの点数を上げるのは大事なこと。

成績を上げるのは大事なこと。

高校・大学に進むのは大事なこと。

それらの目標に向かいつつ、その先にあるものも見据えながら子どもたちを見守っていきます。

 

 

 

 

 

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる